軽いのはいいけど、曲げてどうするの?軽くて曲がるディスプレー「PTA」量産へ 篠田プラズマ

軽くて曲がるディスプレーのイメージ画像

このニュースは、ベンチャー企業の篠田プラズマ(神戸市中央区)が、プラズマや液晶など現行薄型テレビの10分の1の軽さで、曲げることもできる巨大ディスプレーの量産に乗り出すそうです。

私の中では、ベンチャー =(イコール) 株式公開=(イコール) 大儲けの図式があります。

良いか悪いかは別にして、この会社も2~3年内にも株式を公開し、新規上場する方針らしいです。

 篠田プラズマ(会社の名前)は、「プラズマテレビの生みの親」として知られる元富士通研究所フェロー、篠田傳(つたえ)氏が平成17年に設立した会社らしいです。

「プラズマテレビの生みの親」として知られるとなっていますが、私はプラズマテレビ自体知らないので、篠田傳(つたえ)氏はしりません。

篠田傳(つたえ)氏は、篠田プラズマの会社を創って、会長になったそうです。

ここまで、ざっと会社の紹介をしましたが、私自身は興味ありません。

唯一、興味あるのが、”新規上場”のところだけです。

今はどうか知りませんが、昔は、新規上場株は必ず上がりました。

今から、チェックして大儲けなんて考えています。

製品は、超大型ディスプレーの生産みたいです。

つまり、私のような庶民が、ここの商品を買うことはなさそうです。

どこかの会場で、見ることはあると思いますが・・・・

で、気になったのが、”軽くて曲がるディスプレー”の文字です。

超大型なので、軽いのはいいでしょう?

でも、曲げてどうするのでしょうか?

「わ~い、曲がった」

と喜べるのは、最初だけだと思いますけど・・・・

建物の、角っこなどは切らずに、設置できるのでしょうか?

その辺のことが、知りたかったです。

軽くて曲がるディスプレー「PTA」量産へ 篠田プラズマ

 次世代大画面ディスプレー開発のベンチャー企業である篠田プラズマ(神戸市中央区)は、2~3年内にも株式を公開し、新規上場する方針を明らかにした。三菱UFJフィナンシャル・グループ系の株式公開支援企業、三菱UFJキャピタル(東京都中央区)から1億5000万円の出資を受けるなど準備を進めている。プラズマや液晶など現行薄型テレビの10分の1の軽さで、曲げることもできる巨大ディスプレーの量産に乗り出す。

 篠田プラズマは、「プラズマテレビの生みの親」として知られる元富士通研究所フェロー、篠田傳(つたえ)氏が平成17年に設立、会長に就任した。

 開発しているのは「プラズマ・チューブ・アレイ(PTA)」と呼ぶ自発光式のディスプレー。既存の液晶やプラズマより軽量で曲げることができ、大型化しやすいのが特徴。20年度下期に量産を開始し、「シプラ」ブランドの超大型ディスプレーを年間200台(150型換算)出荷する計画だ。

 家庭用テレビとして開発が進む超薄型の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)に対し、PTAは業務用の超大型ディスプレーとして開発を進めている。篠田会長は「プラズマや液晶など他の薄型テレビと競合するのでなく、すみ分けるイメージ」と語っている。

 このほか、今月中に薄型ディスプレー製造装置メーカーのアルバック(神奈川県茅ケ崎市)など3社から計1億9000万円の出資を受ける。3社は篠田プラズマが進める超大型ディスプレーの開発・製造に協力するとともに、連携して技術開発に取り組む。

 出資額の内訳は、アルバック1億円、高機能フィルムの藤森工業(東京都中央区)5000万円、電線・ケーブル製造の大電(福岡県久留米市)4000万円。

軽くて曲がるディスプレー「PTA」量産へ 篠田プラズマ(産経新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク