難病に指定されているとは思いませんでした。あゆにも朗報?突発性難聴で細胞再生の世界初の治療

京都大病院のイメージ画像

このニュースの記事を読むまでは、歌手の浜崎あゆみさんが、

告白した症状が、大変なものとは思いませんでした。

早く、治療法が見つかると良いですね♪

芸能人は、話題作りのために、物事を大きく発表します。

十代のアイドルの、経歴なんてものは、聞いてるこちらが恥ずかしくなります。

さも、苦労してここまでやって来たみたいな、過剰な演出が加わります。

そんなのは、聞いていて、

うすっぺらーーーーーーー

と思います。

よほどのことが無い限り、十代ではたかが知れています。

たとえ、年を取っていても、似たり寄ったりだと思います。

本人にすれば、大変なことでも、客観的に見れば、そんなに違いはありません。

しかし、テレビでは、場を盛り上げなければなりません。

そこで、芸能人の経歴には、必ず言われる言葉があります。

「苦しくて、自殺を考えたこともあります」

誰だって、苦しくなればすべてがいやになります。

それを、作りこんだ映像と音楽で、もっともらしく作り上げます。

しかし、紹介されている本人は、まるで他人事のように聞いています。

今回、歌手の浜崎あゆみさんが

「突発性難聴で左耳が聞こえなくなったことを告白した」

と言うニュースが流れた時も、どうせ、すぐ直るのだろうと思っていました。

まったく、この病気について知らなかったので、

「歌手が、聞こえなくてどうするの?」

「おおげさやな~」

しかし、この記事を読むと、

国の特定疾患(難病)に指定され、完治は全体の3分の1程度

となっています。

「エッ!そんな大変な病気やったん?」

他人のことながら、心配になりました。

早く、治療法が見つかることを祈っています。

今回は、聴覚細胞を再生する世界初の治療が始まったと言う記事です。

あゆにも朗報?突発性難聴で細胞再生の世界初の治療
 突然耳が聞こえにくくなる突発性難聴に対し、聴覚細胞を再生する世界初の治療を、京都大病院耳鼻咽喉(いんこう)科の伊藤壽一教授らのグループが始めた。 従来のステロイドの大量投与に代わる、安全で効果が高い治療法として期待される。

 突発性難聴のはっきりとした原因はわかっていない。歌手の浜崎あゆみさんが今年1月、突発性難聴で左耳が聞こえなくなったことを告白した。

 治療は、聴覚細胞が集まる内耳の蝸牛(かぎゅう)の膜に、細胞の成長にかかわるたんぱく質「IGF―1」を含ませたゼリー状のゲルを塗る。約2週間かけて吸収され、傷ついた聴覚細胞の死滅を防ぎ、再生させる。発症後1か月未満で、ステロイド治療で効果が出ていない20人程度に実施する予定。

 厚生労働省の2001年の調査では、突発性難聴の推定患者は約3万5000人。国の特定疾患(難病)に指定され、完治は全体の3分の1程度とされる。従来、ステロイドの大量投与による治療が行われているが、副作用に苦しむケースが多い。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク