よゐこの有野は正しい?馬鹿にして悪かった!こんなに温かいとは・・・

あたたかい服のイメージ

私は、ファッションに興味がありますが、普段の格好は・・・

私の事を哀れに思い、よく他人から服をもらいます。

そして、ずーと同じ服を、ぼろぼろになるまで着ています。

こんな私も、自分の格好を気にしたことがあります。

ブランド物の服を、着ていたこともあります。

私は、普段外出する時はハーフコート?を着ています。

もちろん、もらい物です。

もう、何年も着ています。

服は、月日が流れると、綿が抜けるのか、着ていても温くありません。

だから、結構な枚数の服を着ています。

中に着込んでいる服も、もらい物です。

私は、新しい服が、あまり好きではありません。

肌着などは、自分で買いますが、これもかなりぼろぼろです。

ところどころ、穴が開いているのもあります。

私は、ケチで、こんなのを着ているのではありません。(やっぱり、ケチかも?)

私は、肌が弱いです。

そのため、ちょっとの刺激で、かゆくなります。

しかし、着古した肌着は、とても柔らかく、私に合います。

そういえば、以前、ラジオでミュージシャンであり俳優でもある、福山雅治さんも同じ事をいっていたような・・・

でも、コートなどは別の理由があります。

私は、一つの事が気になると、周りが見えません。

道を歩いていて、気になるものがあると、まっすぐそれに向かいます。

私が歩いているのは、街中だけとは限りません。

猫を追っかけていて、草むらの中に入る場合もあります。

気が付くと、服のところどころが破れています。

また、私は犬が嫌いです。

しかし、犬が私に飛びついてくる事があります。

道を歩いていて、散歩している犬に飛びつかれたりします。

以前、公園で本を読んでいました。

横では、飼い主がボールを投げ、犬がそれを取ってきて遊んでしました。

突然、その犬はボールをくわえ、飼い主を無視して私に飛びついてきました。

どうも、飼い主より、私に遊んでほしいようです。

もし、綺麗な服を着ていると、やぶれたり汚れたりしたら、気分が悪くなります。

しかし、それがほろぼろの服の場合は、笑ってすごせます。

ところで、昨日、このブログのサーバーを引越しさせていました。

テレビを見ながら、作業していました。

チャンネルを変えるのが面倒だったので、同じチャンネルを見ていました。

すると、よゐこの番組が始まりました。

オープニングで、よゐこの有野晋哉が、濱口優に文句を言っていました。

くだらね~と思いながら、作業を続けていました。

どうも、有野がダウンジャケットを、もらったみたいです。

そのダウンジャケットが、予想以上に温かかったみたいです。

だから、有野が濱口に、何でダウンジャケットが温かい事を教えてくれなかったの?

見たいな文句を言っていました。

濱口は、今度から教える、みたいな事を言っていたと思います。

公共の電波を使って、くだらない事を・・・・

次の日に、私は外出する事にしました。

いつもより外は、寒かったです。

いつもの、コートを着て外に出ようと考えていました。

しかし、今日は我慢できません。

そこで、数年前に、2万円出して買ったコートを着ることにしました。

ほとんど着ていないので、新品です。

コートの中は、いつも通り厚着です。

少し、歩いていると、暑くなってきました。

服が、こんなに温いとは思いませんでした。

結構、感動しました。

たぶん、よゐこの有野は、この感動を伝えたかったのでしょう?

いまなら、昨日のテレビで見た、よゐこの有野の感動の意味がわかります。

有野よ、馬鹿にして悪かった。

お前は、正しいよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク