おっ!強気ですね♪でも、どうなるのやら?米ヤフー、金額安すぎるとして買収提案拒否する方針

米ヤフーの買収提案拒否のイメージ画像

名前は両方とも知っているので、この買収のニュースには興味あります。

総額420億ドル(約4兆5000億円)での買収提案が、安すぎる?

どうなんでしょうか?

正直なところは、金額が大きすぎてわかりません。

記事の内容も、

わかりませ~~~ん。

私が想像できるのは、約4兆5000億円では無く、4万5000円ぐらいでしょうか?

昔、ある会社の株を買ったことあります。

買った途端、ずるずる下がりました。

それ以来、株には縁がありません。

こんな私ですが、このニュースは気になります。

一番は気になるのは、合併した後の、会社のサービスです。

会社が大きくなるのは、会社にとっていいかもしれませんが、消費者にとってはどうかわかりません。

ほぼ独占状態になると、価格は会社が自由に設定できるようになります。

マイクロソフトの、WindowsのOSや、エクセルなどのofficeのソフトなどがいい例です。

ほぼ独占状態なのに、決して安くありません。

以前、マイクロソフト社製のソフトを、買ったことがあります。

しかし、不具合があり、心配になりマイクロソフトに問い合わせました。

かなり強気な回答で、不快になりました。

もし、競争相手があったら、こんな態度はとらないと思います。

今回の買収も、かなり大きな合併です。

業界でも、上位を占める会社の合併です。

だからこそ、サービスの低下が心配です。

米ヤフー、金額安すぎるとして買収提案拒否する方針

 [ニューヨーク 9日 ロイター] 米インターネット検索大手ヤフーが、米ソフトウェア最大手マイクロソフトからの総額420億ドル(約4兆5000億円)での買収提案について、金額が低すぎるとして拒否する方針であることがわかった。関係筋が9日にロイターに明かした。
 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、消息筋の話として、1株当たり31ドルというマイクロソフトの提案はヤフーを「盗もうとする」企てであり、ヤフーは1株当たり40ドルを下回る提案は検討しないだろうとしている。
 1株40ドルとした場合の総額は、511億ドル(5兆5000億円)。1株40ドルという金額は1月のヤフー株価の2倍に相当する。
 マイクロソフトとヤフーの合併が実現した場合、コンピューター・テクノロジー業界では世界最大級の合併となり、インターネット検索および広告の最大手グーグルの強力なライバルとなる見込み。
 WSJでは、ヤフーは買収額の引き上げのほか、ヤフーの独立性を維持させたグーグルとの提携などを検討しているとしている。

米ヤフー、金額安すぎるとして買収提案拒否する方針(ロイター) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク