世界には、まだこんな問題もあるのですね。F1での人種差別的行為に制裁も

理想の世界のイメージ画像

このニュースは、観客の一部が黒人ドライバーに対して、中傷行為があったためのことらしいです。

私は、日本にずっと住んでいるためか、人種差別ってのがいまいちピンときません。

しかし、仕事でブラジル人や、中国人などの外国の人と一緒に働いたことがあります。

やはり、そこには文化の違いによる、壁はありました。

私は、外国人に対して偏見はありませんでした。

逆に、私の方から、外国人の方へ行きました。

自分の国を離れて、言葉も違う国に来て働く外国人を、尊敬すらしました。

私は、あるブラジル人と、大変仲良くなったつもりでした。

ある日、いつも遊んでいたブラジル人が、

「じつは、ブラジル人の事、馬鹿にしているやろ?」

と真顔で聞いてきた時は、驚きました。

「そんなことないで~」

私は、本心で言いました。

周りをみてみると、日本人の中にブラジル人を馬鹿にしている人はいました。

そのブラジル人は、日系ブラジル人だったので、私たちと見た目は変わりません。

でも、ブラジル人だからというだけで、嫌っている人もいました。

今、アメリカは大統領選挙の真っ最中です。

見ていると、オバマ氏が黒人層からの支持を集めている、と言うのをよく聞きます。

これも、人種差別が根底にあるから、このような発言がされるのでしょう。

本来なら、大統領など、政策で選ばれるべきものだと思います。

しかし、同じ黒人だから支持する、と言う人がいるもの現実でしょう?

これに関しては、われわれ日本人には、理解できないものもあるかもしれません。

なぜならば、周りを見回しても、同じ日本人しかいないからです。

でも、一日も早く、差別などない世界を望みます。

無理だと言う人もいるかもしれません。

しかし、過去にさかのぼれば、黒人奴隷がいた時代もあります。

それに比べたら、少しずつではありますが、時代は変わってきています。

理想の世界かも知れませんが、出来ないことはないと思います。

きっと、そんな世界は今よりもっと楽しいと思いますよ。絶対に。

F1での人種差別的行為に制裁も=FIA

自動車レースのF1世界選手権シリーズを統括する国際自動車連盟(FIA)が、人種差別的行為を厳しく取り締まる姿勢を示した。英メディアが13日に報じた。今月初めに、スペイン・バルセロナで行われた合同テストで、観客の一部から黒人ドライバー、ルイス・ハミルトン(英国、マクラーレン・メルセデス)を中傷する行為があったことを受けてのもの。ハミルトンに対しては、昨年の中国グランプリ(GP)でも同様の行為があったことが報告されていた。
 FIAの広報担当は「F1は多種多様な文化を包含したものであり、人種差別的行為は許されるものではない」とし、今季バルセロナとバレンシアで2つのGPが開催されるスペインは、再発防止策が取られなければ制裁対象になるとした。
 ハミルトンは、昨季マクラーレンで同僚だったフェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)と対立関係にあったことから、スペインでは不評と伝えられている。 

F1での人種差別的行為に制裁も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク