AIが作った10万枚のオリジナルの顔!著作権フリー!なんに使うの?

スポンサーリンク
コンピュータ

かなり下火になったと感じるAIブームですが、新しいAIの話題です。

ちなみにAIブームですが、過去にもあったようで、今回のブームは3回目だそうです。

それでも、AIに期待している人はいると思います。

しかし、それがAIとして広まるでしょうか。

たとえば、あなたがAIの何かを商品開発したとします。

それを販売するときにAIとして売りますか?

たぶん何か名前をつけると思います。

そして、それが本当にすばらしかったら、その名前で広がると思います。

たとえば、スマホのiPhoneです。

iPhoneはスマホではなく、iPhoneを前面に押し出して売り出しています。

そのほうが、スマホとして売るより、ブランド力が高まります。

そもそも、AIの定義があいまいすぎます。

さて、AIについてはこの辺にして、今回の話題です。

Webサイトのgenerated.photosで、著作権フリーのオリジナル顔画像10万枚が公開されました。

ちなみに、アドレスはこちら

100,000 AI-Generated Faces – Free to Download!
Explore our free resource of 100k high-quality faces, each entirely generated by AI. Use them in your projects, mockups, or wherever — all for just a link back ...

10万枚の顔画像があるところはこちら

100k_models - Google ドライブ
100k_models

この顔画像は、AIでつくったそうで、実際には存在しないそうです。

たとえば、こんなの

本当の顔みたいです。

ところで、これってなんに使えるのでしょうか。

あまり使い道が思いつきません。

あえて言うなら、化粧品の使用後イメージでしょうか。

たとえば、何かの商品のバックにでも使いますか。

私なら、商品と一緒に人の顔は載せません。

なぜなら、人は、自然と人の顔を見てしまうからです。

商品と顔があれば、人は商品より顔を見てしまいます。

とはいえ、すばらしい商品ばかりとはかぎりません。

そんなときに、人の目をそらすのはいいかもしれませんね。

後は・・・アイコラ作りですか?

いまいち使用目的が思い浮かびません。

ところで、10万人もあれば、世の中には似ている人がいるかもしれません。

そんなとき、なんか問題になりませんかね。

たとえAIといえ、まったく無から顔を作ることは出来ないと思います。

いちから作れば、それが人間の顔かどうか怪しくなるのではないでしょうか。

そのため、AIが学習するのに、実際の顔を使用していると思います。

そうなると、なかには実際の顔に似ているのがあっても不思議ではありません。

そもそも、AIなんていっていますが、これってランダムに組み合わせたアイコラじゃないのか。

とはいえ、フリーで使えるのはうれしいです。

私も、エロいアイコラでも作る機会があったら利用しようとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました