ビジネス料金と同じぐらいの料金なら、乗る事は無いと思います。マッハ5で飛ぶ極超音速旅客機「A2」

マッハ5で欧州-豪州間を4時間36分で結ぶ極超音速旅客機「A2」のイメージ画像

普段は、電車か徒歩の生活を送っています。

自転車は持っていますが、故障したままです。

大阪に住んでいると、電車の方が便利がよかったりします。

でも、こんな飛行機に乗って、どこか暖かい南の島にでも行きたいです。

最近、飛行機に乗る機会がありません。

あまり、遠くに行くこともないし、急いで行く事も無いからです。

私は、どちらかと言えば、寄り道しながら、ゆっくりと旅を愉しむタイプです。

昔、大阪から九州へ旅に出たことがあります。

行き先は決めていませんでした。

JRの切符売り場で、九州行きの切符を買うことにしました。

「九州あたりの切符をください」

と言うと、

「九州あたりでは、おじさん困る」

と笑って言われたことがあります。

まさに、その通りです。

そこで迷った私は、

「九州ってどこがありますか?」

と聞きました。

なんて馬鹿な質問でしょう?

おじさんは、

「博多に、・・・」

とズラズラと、地名を言いました。

そこで、最初に聞いた、博多に行くことにしました。

私が覚えている、遠くとはそんなものです。

別に、飛行機に乗って、外国に行くような事はありませんが、一度はこの飛行機は乗ってみたいです。

でも、料金がビジネスクラスの料金だったら、ビジネスクラスの方が乗ってみたいです。

マッハ5で欧州-豪州間を4時間36分で結ぶ極超音速旅客機「A2」

ロンドン=木村正人】英国の航空宇宙会社「リアクション・エンジンズ」がマッハ5以上で飛行する極超音速旅客機「A2」の開発構想を発表した。最高時速は6436キロ。現在、約22時間を要するベルギー~オーストラリア間をわずか4時間36分で結ぶ夢の計画だ。

 欧州連合(EU)も同構想を支援している。A2は全長143メートルで、ジャンボジェットの2倍の大きさ。機体はミサイルかSF小説の宇宙船を連想させる。液体水素エンジンを搭載、時速6114キロを維持できる。同社は「25年以内に開発できる。料金は現行のビジネス料金と同じぐらいになるだろう」と話した。

 英国とフランスが1969年に共同開発した超音速旅客機コンコルドはマッハ2で世界の空を結んだが、2000年の墜落・炎上事故をきっかけに、03年に姿を消した。

4時間36分で欧州-豪州を結ぶ極超音速旅客機 英航空宇宙会社が計画 – MSN産経ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク