偽物でも良いかも?ダメですね!イタリア警察、シチリア島で偽物フェラーリを押収

偽物フェラーリのイメージ画像

偽物のブランドバックの話などは、よく聞きます。

しかし、私は、車の偽物は聞いた事がありません。

それが、あのフェラーリとなると・・・

「偽物でも良いからほしいな~」

と思うかもしれませんが、こんな人がいるから偽物が作られるんでしょうね。

しかし、本物は車の値段?ってくらいの値段がします。

高いからといっても、空を飛ぶわけではありません。

しかし、その車が、買い手を選ぶところに、魅力を感じさせるのかもしれません。

私も、いつの日か本物がほしいです。

そういえば、最近フェラーリを見ました。

そのフェラーリは、水色でした。

私は、フェラーリと言えば、赤色を思い浮かべます。

そのフェラーリーの持ち主に、なぜ?、水色のフェラーリを買ったか聞きたかったです。

しかし、あえて赤色ではなく、水色のフェラーリーを購入するような考えだから、成功してフェラーリが買えたのかもしれません。

フェラーリは、赤色と言う常識にとらわれている私には、フェラーリは無理なのかもしれませんね?

イタリア警察、シチリア島で偽物フェラーリを押収

 イタリアの警察当局は、高級スポーツカー「フェラーリ」の偽造車を製造していた犯罪グループをシチリア島で摘発した。すでに販売されていた14台のほか、製造途中だった7台を押収したとしている。
 同グループは、偽の部品に少しだけ本物のパーツを組み合わせ、車台や屋根、トランクやドアなどは別メーカーの車から流用して「偽物フェラーリ」を作っていた。
 これら偽物の中には、相場の10分の1程度である約2万ユーロ(約300万円)で売られていた車もあるという。

イタリア警察、シチリア島で偽物フェラーリを押収(ロイター) – Yahoo!ニュース

関連記事だとおもいますが?

<イタリア>トヨタなど基に偽フェラーリ製造 グループ摘発

 【ローマ支局】AP通信によると、イタリア警察当局は28日、高級スポーツカーメーカー「フェラーリ」の模造車を製造、販売していたグループを摘発し、模造車14台を押収したと発表した。「偽フェラーリ」はポンティアック、メルセデス・ベンツ、トヨタの車をベースに製造され、捜査官は「素晴らしい出来栄えで、彼らの技術は熟練している」と“称賛”した。

 模造されたのは04年に生産が終了した「360モデナ」で、本物の新車価格は約14万ユーロ(約2200万円)。犯行グループは偽物を7分の1の2万ユーロで販売していた。実際の売り上げ台数は不明だが、「スポーツカーをよく知らない知人に自慢するため、偽物だと知りながら買った者もいる」(捜査官)という。

トヨタなど基に偽フェラーリ製造 グループ摘発(毎日新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク