おっ!久しぶりかも?議会デビューに関心集まる=橋下知事に期待と不安-大阪

大阪のイメージ

最近、ニュースで橋下知事の名前を聞いていないような気がします。

もちろん、ちゃんと仕事をしていると思います。

しかし、どこぞの知事のように、話題に上がらなかったように感じます。

もちろん、テレビに出る事が、すべて良いとは思えません。

まだ、始めたばかりで、テレビに出る暇さえ無いのかもしれません。

最近、橋下知事の名前を聞いていませんでした。

そのためか、私の期待も少し下がってきたのが、正直な感想です。

政治は、娯楽とは違います。

しかし、外部へのアピールも必要じゃないでしょうか?

さて、久しぶりの、橋下知事のニュースです。

今までに、橋下知事のニュースは、あったのかもしれません。

しかし、当選した当初の、行動すべてがニュースになるような事は無かったと思います。

府議会デビューのニュースですか?

私は、大阪に住んでいながら、府議会デビューの事を、事前に知りませんでした。

記事によると、一般傍聴席がほぼ埋まり、わずかの立ち見が出た程度だそうです。

これが、橋下徹大阪知事への、期待がなくなったあらわれじゃなければ良いですか・・・

議会デビューに関心集まる=橋下知事に期待と不安-大阪 (時事通信)

 橋下徹大阪知事の府議会デビューとなった29日の本会議には、所信表明を直接聞こうと約130人の府民が詰め掛けた。在阪テレビ局は初めて議会の様子を生中継し、関心の高さを示した。

 府議会事務局は多数の傍聴希望の問い合わせがあったため、この日、初めて200人分の傍聴券を用意。だが、実際には一般傍聴席がほぼ埋まり、わずかの立ち見が出た程度で、橋下知事も議会終了後、記者団に「そこ(傍聴券配布)までする必要はない。大げさ」と苦笑いしていた。

 傍聴した主婦の戸出甫恵さん(67)は「本当に感動した。リーダーシップを感じた」と興奮気味。一方、市民団体メンバーの石田絹子(63)さんは「全体的に危うい感じがした。現実はもっと複雑なのに」と顔を曇らせた。

 議会の反応も対照的だった。選挙で知事を支援した自民党府議団の朝倉秀実幹事長は「熱い思いがこもっていた。100点をつけたい」と絶賛。一方、別の候補者を立てた民主党府議団の半田実幹事長は「ご祝儀を入れても50点」と厳しい表情を崩さなかった。 

議会デビューに関心集まる=橋下知事に期待と不安-大阪 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク