本当に出来るの?アメリカが、21日に制御不能になった偵察衛星撃墜を計画

ワシントンの国防総省のイメージ画像

ちゃんと出来るの?って聞きたいです。

アメリカが、自国の制御不能になった偵察衛星を撃墜するそうです。

なんかが、有毒なものも積んでいるようです。

予定は予定であって、やってみるまでわかりません。

もしかして、日本に落ちてくる事無いの?って聞きたいです。

アメリカの事だから、絶対大丈夫って言うと思いますが・・・・

衛星も、ミサイルも、同じようなものではないのでしょうか?

偵察衛星って言ったら、普通の衛星より値段が高いのではないですか?

もちろん、何度もチェックしたと思います。

そこまでして、制御不能になるのに、よく似たようなミサイルも大丈夫か聞きたいですよ。

今度は、ミサイルも制御不能になって、日本に命中なんてまっぴらですよ。

米、21日に偵察衛星撃墜へ=CNN報道 (AFP=時事)

 米CNNテレビは18日、軍事筋の話として、米国が制御不能になった米偵察衛星に向けて21日に最初のミサイルを発射し、同衛星が地球に衝突する前に撃墜して、海に落下させるよう試みると報じた。最初のミサイルで破壊に失敗した場合、もう一回破壊を試みることが可能という。≪写真は空から見たワシントンの国防総省≫

 米当局者は先週、放っておくと同衛星は3月6日に大気圏に突入して地表に落下する予定で、有毒燃料を積んだタンクが破裂する危険があると警告していた。落下地点は予測できないとしている。衛星が軌道上の特定の地点に達した際に米戦艦から地対空ミサイルを発射して破壊し、地球に向かう破片を確実に海に落下させることができるという。

 ロシアは17日、この衛星撃墜計画を批判した。ロシア国防省は同計画について「遠回しの兵器実験のように見えるし、軍拡競争を宇宙に持ち込もうとする試みのようにも見える」と指摘した。

米、21日に偵察衛星撃墜へ=CNN報道 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 本質 より:

    偵察衛星を撃墜…

    2006年末に打ち上げられ、制御不能になっていたアメリカの偵察衛星「L-21」を…